40代前半の転職で失敗する中高年は悲惨ですよ

40代の転職が失敗し絶望する前に手に入れるべき情報を紹介。40代からの転職は正しい戦略と戦術を知らないと、転職活動期間が長引き、最悪の場合、貯金が底をつきアルバイトするハメになります。転職に失敗する方には典型的な特徴があります。キャリアアップやキャリアチェンジしようとする40代も必見です。

記事一覧

  • 2018/02/1840代の転職失敗の特徴

    40代からの転職でコネを使う場合、注意しておかなければならない点があります。典型的な失敗パターンは決まっています。1.断れない紹介された会社が気に入らなかった場合も、断りにくい状況になってしまいます。紹介者が先走って相手の会社に話を通してしまった場合でしょうか?その方の顔を立てるために、不本意ながら入社せざるを得なくなった、どうすればいいのか?というケースは実際に起こっているのです。まずは事前に、ど...

    記事を読む

  • 2018/02/1640代の転職資格

    from40ten_syoku 40歳の退職者は人材派遣会社を利用して転職で成功せよ https://t.co/PZfj9y8yB5 #jugem_blog 02-15 23:02...

    記事を読む

  • 2018/02/1540代の転職失敗の特徴

    こんな給料で一生やっていけなんて我慢できない!今よりもう少しあと少し年収を上げたい!!という思いは今も昔も、転職を考えるきっかけになる三大理由の一つではないでしょうか?しかし、実際に転職を実行した40代の転職者が、年収の増減がどう変化したのかはあまり知られていません。もちろん、前職年収額はひとそれぞれ大きく違うため、金額の変化と言う意味ではなく、ここでは増減率の変化だけに絞って説明しておきます。前提...

    記事を読む

  • 2018/02/0940代の転職失敗の特徴

    転職回数が多いと転職では不利であるという事実は、転職経験がない40代でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?「 この中高年はうちの会社に入社してもすぐ辞めてしまうのではないだろうか? 」「 仕事で超えなければならない困難を突破できない人物なのだろうか? 」と採用担当者から色眼鏡で見られてしまったという実体験をもつ40代も多いはずです。では真実はどうなのでしょうか?3回目の転職から成功率が下がる...

    記事を読む

  • 2018/01/2940代の転職攻略

    現在から7年後の2025年。1967年から1974年生まれの団塊世代ジュニア&バブル入社世代は、人口数が他の世代よりも多いことにより、今後様々な雇用問題に巻き込まれていきます。一例をあげるなら、40代で役職に就けるのは、20年前の7割から5割と今後さらに落ち込みが激化して行きます。役職に就けない40代の中高年はさらにやる気をなくし、大企業に勤める者の割合が多いため、出向や転職先になる中小企業にも毛嫌いされ、受け皿さえ...

    記事を読む

40代はコネを使った転職の落とし穴を理解しよう

6f99c305157b30ad731346f0f46b1f9f_s.jpg

40代からの転職でコネを使う場合、注意しておかなければならない点があります。典型的な失敗パターンは決まっています。

1.断れない
紹介された会社が気に入らなかった場合も、断りにくい状況になってしまいます。紹介者が先走って相手の会社に話を通してしまった場合でしょうか?その方の顔を立てるために、不本意ながら入社せざるを得なくなった、どうすればいいのか?というケースは実際に起こっているのです。

まずは事前に、どのような順序で話を進めるのか、紹介者と事前に共有しておいてください。


2.契約書を交わしていなかった
友人や知人を通すと、安心感からか油断してしまいがちです、給与や待遇など、条件面をしっかりと確認せず、入社後に「 こんな話ではなかった、話が違う 」と揉めるケースありがちです。どんなに親しい友人であっても、労働条件を文章にした通知書を受け取って置くべきです。


3.紹介者から聞いた話と事実が異なる
「 うちの職場はこんなにいいことだらけ 」と言われて入社したところ、誘ってくれた友人とは所属が異なり、聞いていた話と全く違っていた、というケースも目立ちます。同じ会社であっても、部署によって方針や環境がことなるケースも少なからず存在します。

また、趣味を通して知り合った社長から「 うちに来てほしい 」と誘われて入社したものの、社内では社長への抵抗勢力が強まっていて、プロパー社員から村八分にされたということも実際に起きているのです。

以上のような状況に陥らないためにも、紹介者の甘い言葉を鵜呑みにせず、自分で応募先を調べ、他の社員とも話をさせてもらうなどの対策を取るべきです。コネや人脈はあくまで「 手段のひとつ 」として活用し、情報取集はなるべく広く行うことを強くお勧めしておきます。
スポンサーサイト
タグ

02/15のツイートまとめ

from40ten_syoku

40歳の退職者は人材派遣会社を利用して転職で成功せよ https://t.co/PZfj9y8yB5 #jugem_blog
02-15 23:02

タグ

40代が転職で年収が下がるというのは事実なのか?

27af6729bd9360e715c414767909d5b7_s.jpg

こんな給料で一生やっていけなんて我慢できない!今よりもう少しあと少し年収を上げたい!!という思いは今も昔も、転職を考えるきっかけになる三大理由の一つではないでしょうか?


しかし、実際に転職を実行した40代の転職者が、年収の増減がどう変化したのかはあまり知られていません。もちろん、前職年収額はひとそれぞれ大きく違うため、金額の変化と言う意味ではなく、ここでは増減率の変化だけに絞って説明しておきます。


前提として、全ての年代を総合した転職前後の年収増減率は、おおまかに言うと

増加4割 ・ 減少4割 ・ 変化なし2割 です。
転職理由に、人間関係や会社の経営不安などが多いため、例え年収が減少しても納得度の高い転職をしている40代が多いのも確かな事実です。


35歳まで 増加5割 ・ 減少3割 ・ 変化なし2割
35歳から 増加3割 ・ 減少5割 ・ 変化なし2割



この割合を年代別に見た場合、35歳を過ぎてからの転職に絞ってみると、35歳以下の世代に比べて転職後に年収が上がる人の割合がやや少なくなっています。この数字だけを見ると、やはり若い世代のほうが転職による年収アップは実現させやすいことが理解できます。


ただし、この数字は転職初年度の変化で合って、40代以上の方であっても転職2年目以降の年収がぜ、前職と比べて
増加4割 ・ 減少4割 ・ 変化なし2割
と大きく巻き返していることがうかがい知れます。


「 転職初年度においてはお互いの期待値調整のために、やや低めの年収で入社し、受け入れ企業に実力が評価され2年目以降に修正していく 」というパターンが多いのです。
タグ

40代は転職回数が多いと果たして不利なのか?

7df36022a469e3b1c9cf83b310bbfd08_s.jpg

転職回数が多いと転職では不利であるという事実は、転職経験がない40代でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?


「 この中高年はうちの会社に入社してもすぐ辞めてしまうのではないだろうか? 」
「 仕事で超えなければならない困難を突破できない人物なのだろうか? 」


と採用担当者から色眼鏡で見られてしまったという実体験をもつ40代も多いはずです。では真実はどうなのでしょうか?


3回目の転職から成功率が下がる事実を40代は把握すべし


インテリジェンスの調査によれば、転職回数と転職成功率の相関が数字で解明されています。初めての転職を100とした場合に、2回目の転職において、ほとんどの世代で80以上と、それほど成功率に変化がなかったものの、3回目の転職では一気に60以下にまで急落してしまいます。


この統計だけを見限りでは、転職回数が2回までは大きな影響を受けないものの、3回以上の転職になると不利になる事実がよく分かるのではないでしょうか?


40代は長く働ける場所を早急に見つけるべし


ただ闇雲に石の上にも三年が重要と言うわけではなく、最初の就職から3社目までに長く働ける場所を見つけるよう努力を惜しまないほうがよいと私は考えます。


しかし現実は、長く働き続けられるような会社を見つけようとしても、現実問題として入社して初めて分かることも多く、そう簡単なことではないのです。
タグ

40代の転職が失敗して絶望する前に考えておくべき未来予想図

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s.jpg

現在から7年後の2025年。1967年から1974年生まれの団塊世代ジュニア&バブル入社世代は、人口数が他の世代よりも多いことにより、今後様々な雇用問題に巻き込まれていきます。

一例をあげるなら、40代で役職に就けるのは、20年前の7割から5割と今後さらに落ち込みが激化して行きます。
役職に就けない40代の中高年はさらにやる気をなくし、大企業に勤める者の割合が多いため、出向や転職先になる中小企業にも毛嫌いされ、受け皿さえもなくなっていきます。

もちろん、悲観的なシナリオで脅そうとなどそういう意図はありませんが、現存するあらゆるデータを駆使して客観的に予想したリアルなシナリオなのです。

退職年齢の選択制、ワークシェアリング、自立したキャリア形成を促す研修レポート、大都市と地方の転職支援機構、社会保障制度の再編など、いかに長く働ける環境を作るかという観点から見ると、頷ける内容ではないでしょうか?

ただ一点注意してもらいたいことは
企業が対応すべき事項
行政が対応すべき事項

40代の転職者が個人で対応すべきこと
を切り分けて考えなければ失敗してしまいます。

マクロ的な提案によって社会や企業が変わってくれることを期待する前に、やはり個人としてこのような未来とどう向き合い、どんな準備を始めるかと考えるべきです。

リクルートワークス研究所によると
40歳を過ぎて、同期100人の中で会社に残っているのは60人足らず。そのうち管理職に上がれるのは、たった4人だけ
という事例が発表されています。

そんな世界が当たり前になるとしたら、40代の中高年はその事実をどう受け止め、どう動くべきか、深く考えるべきなのです。
タグ
Copyright © 40代前半の転職で失敗する中高年は悲惨ですよ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます