FC2ブログ

40代前半の転職で失敗する中高年は悲惨ですよ

40代の転職が失敗し絶望する前に手に入れるべき情報を紹介。40代からの転職は正しい戦略と戦術を知らないと、転職活動期間が長引き、最悪の場合、貯金が底をつきアルバイトするハメになります。転職に失敗する方には典型的な特徴があります。キャリアアップやキャリアチェンジしようとする40代も必見です。

記事一覧

  • 2018/08/0340代の転職失敗の特徴

    40代が転職活動をするうえで、注目しなければならないポイントの一つが企業の成長ステージです。勘のいい方ならお分かりと思いますが、同じ業種、同じ職種やポジションであっても、どの成長ステージなのかによって、求められる人物像やスキルも違ってきます。ですから、それらを見極めたうえで自分の力を最大限に発揮しやすい成長ステージにある企業を選ぶようにすれば、割と転職活動が上手くいきます。企業が成長していく過程は大...

    記事を読む

  • 2018/08/0340代の転職失敗の特徴

    感がイイ方は既に気づいておられると思いますが、「 雇う側の立場 」と「 雇われる立場 」では視点が全くと言いていいほど異なります。40代が転職を検討する多くの理由が、人間関係と収入のアップだけです。人間関係や社風は、実際に入社してみないと分からないため、転職活動における着眼点は「 収入 」に集中してしまいます。雇われる立場からすると、この年収という考え方は雇用されている期間が長ければ長いほど自分の経...

    記事を読む

  • 2018/06/0140代の転職失敗の特徴

    転職という一大イベントは、一生のうちでもそうそう経験するものではありませんよね?40数年のサラリーマン人生の中で、せいぜい2回か3回が一般的な回数です。そのためどうしても転職における経験値が貯まらず、また情報が不足するため難航しがちです。その情報不足の主たるものが、需要と供給のバランスです。需要=求人数供給=転職者需要が多く、供給が少なければ、転職者が有利ですし、逆の場合は求人側が有利です。これを把握...

    記事を読む

  • 2018/05/1240代の転職攻略

    2018年現在、企業は長い時間をかけて育てる必要がある新卒の採用から、経験やスキルがあり即戦力となる40代以降中高年の採用にシフトしています。そしてこの傾向は、ここ数年でさらに顕著になる傾向にあります。キャリア採用の場合、企業は候補者となる人材が過去の業界や職種で培てきた専門知識や専門能力の高さだけでなく、コミュニケーション能力や段取り力なども併せて評価することが多くなっています。40歳代以上の中高年は、...

    記事を読む

  • 2018/04/2440代の転職情報源

    自分の人脈ネットワーク構築ができたら、民間の転職サイトや転職エージェントの活用も併せて行わなければなりません。人脈もあくまで「 いち手段 」として活用し、情報収集はなるべく広く深く行うことこそが、40代が転職に失敗して悲惨な目に合わないための第一歩です。転職サイトも転職エージェントも、基本的に豊富な情報の選択肢を、求職者は無料で利用できることが大きな魅力です。ただし、そろぞれのサービスごとに対象世代...

    記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

40代はベンチャーなどの創成期で活躍できるステージがあることを忘れてはならない

YOTAKAPAKU6774_TP_V.jpg
40代が転職活動をするうえで、注目しなければならないポイントの一つが企業の成長ステージです。

勘のいい方ならお分かりと思いますが、同じ業種、同じ職種やポジションであっても、どの成長ステージなのかによって、求められる人物像やスキルも違ってきます。

ですから、それらを見極めたうえで自分の力を最大限に発揮しやすい成長ステージにある企業を選ぶようにすれば、割と転職活動が上手くいきます。

企業が成長していく過程は大きく分けて、創成期 ・ 拡大期 ・ 安定期 ・ 衰退期の4つに分類できます。もちろんどの成長ステージにあるかによって、課題でありますとか、組織形態は異なってきます。

40代が転職先としてターゲットにすべきはやはり創成期だと私は考えています。

いわば会社の設立や開業から間もない時期にあたります。ビジネスモデルや開発力は持ってはいるものの、実行できる人材が足りていない状態であることがほとんどで、事業開発などを経験した中高年が求められる傾向にあります。

特に、経営陣に近いポジションで、社長や経営理念に賛同することができ、彼らと同じベクトルに向かって突き進んでいけるタイプの40代がマッチしています。

また、私のように、仕組みやルールを一から作り上げていった経験を持つ40代も、求められている人物像にマッチしています。

次にお勧めなのが、成長期に入った企業です。ある程度組織の基礎が固まり、成長というステージに挑戦する段階にあります。この段階では、マーケット拡大を担うマーケティング戦略の需要が高まる時期でもあります。

強大な競争相手との競り合いに勝利しなければ、シェアを獲得できないため、スピード感をもって突き進める中高年が求められる傾向にあります。

また創成期同様、組織を強化する段階でもあるため、経理や総務・人事、購買・調達・物流部門などのスペシャリストも必要とされるのです。もちろんIPOを目指す企業では、経験者が優遇されることを忘れてはなりません。

スポンサーサイト
タグ

40代は雇われる側の立場で考えると転職に失敗する

4ef0cd8229116e55edb2e803953fe3fd_s.jpg
感がイイ方は既に気づいておられると思いますが、「 雇う側の立場 」と「 雇われる立場 」では視点が全くと言いていいほど異なります。

40代が転職を検討する多くの理由が、人間関係と収入のアップだけです。人間関係や社風は、実際に入社してみないと分からないため、転職活動における着眼点は「 収入 」に集中してしまいます。

雇われる立場からすると、この年収という考え方は雇用されている期間が長ければ長いほど自分の経験にいくら出してくれるのかという結論に至ります。

一方で、雇う側の立場からすると、人材を雇用する最大の理由は、労働者の充足に他なりません。さらに言えば、労働者を充足させ自社の利益を拡大させることこそが、最大のミッションなのです。

もちろん、人材を直接的に雇用するという選択肢だけでなく、外部委託や派遣社員など幅広い選択肢があることを忘れてはなりません。

ですから、雇用という選択肢は、採用する側からすると先行投資的なリスクを背負うことになります。

それゆえに、採用側が40代以降の中高年を採用する場合には、この人材はいったいいくら稼いで、我が社に貢献してくれるのか?という投資的な観点になるので、その辺りを踏まえたうえで、企業にアプローチしなければ大概は失敗してしまいます。

雇われる側の視点
過去の実績を基準にして、自分にいくら出してくれるのか?

雇う側の視点
今後の成果予想を基準にして、いくらまでなら投資できる人材なのか?
先行投資的な考えに基づくので、非常にリスキー
タグ

40代は自分の市場価値を把握しないと転職で失敗する

65534ececaa32e3c1b0601766348b9c3_s.jpg

転職という一大イベントは、一生のうちでもそうそう経験するものではありませんよね?40数年のサラリーマン人生の中で、せいぜい2回か3回が一般的な回数です。

そのためどうしても転職における経験値が貯まらず、また情報が不足するため難航しがちです。

その情報不足の主たるものが、需要と供給のバランスです。

需要=求人数
供給=転職者

需要が多く、供給が少なければ、転職者が有利ですし、逆の場合は求人側が有利です。
これを把握しているかどうかで、転職の成果は大きく変わってきます。実際、起こり得るありがちなアンバランスは大きく2通りに分けることができます。

1.年齢による需要格差
残念なことに、30代と40代では、全く同じ給与同じ役職を求めても、求人企業から声がかかる確率は半分以下です。30代前半であれば、転職エージェントに自分の経験と今後のビジョンを伝えておけば、いくつか優良な企業を紹介してもらえたかもしれません。
ですが、35歳を過ぎると、「 自分を雇うことで、どれだけ利益貢献が図れるか 」ということをアピールしなければなりません。

企業の立場に立って、どういう人材が欲しいか考えつつ、自分が「 高度なスキルをもった中高年 」であることをアピールしてください。


2.職業による需要格差
職業の人気度というものは、時代が変わってもそうそう変わるものではありません。共通していることといえば、需要の絶対数が少なく、そのポジションに就きた40代の転職者が多いこと。

人気職種の場合、1件の求人に100人以上の応募者が殺到することも珍しくありません。

事務系は、総務・人事・経理・広報・商品企画など
営業系は、ルートセールスや代理店渉外
IT系は、社内SEが人気職種として君臨し続けています。

早期転職を目指すであれば、需要格差の少ない職種を目指すべきです。人気職種ばかり目指すのは危険ですから、第2第3の候補を考えておくのがよいでしょう。
タグ

経験やスキルが豊富な40代中高年の採用が顕著になってきている理由

CHIHIROIMGL1407_TP_V4.jpg

2018年現在、企業は長い時間をかけて育てる必要がある新卒の採用から、経験やスキルがあり即戦力となる40代以降中高年の採用にシフトしています。

そしてこの傾向は、ここ数年でさらに顕著になる傾向にあります。

キャリア採用の場合、企業は候補者となる人材が過去の業界や職種で培てきた専門知識や専門能力の高さだけでなく、コミュニケーション能力や段取り力なども併せて評価することが多くなっています。

40歳代以上の中高年は、これらの業種や職種をも超えて持ち運びが可能なポータルスキルを培ってきた方が多く、TVなどを通して実際に活躍する事例が増えたこともあり、注目が高まっているのです。

少し事例をあげて説明すると、コミュニケーションの能力には、利害交渉能力。段取り力には、社内改善能力や問題解決能力が考えられます。

経験した業界や職種を問わず、あるいは新卒からの人材重視主義が崩壊し、ポータルスキルを持った人材を外部から採用する傾向が年々強まってきているように思えます。

35歳代、40歳代、45歳代と5歳単位で年齢が上がるごとに、求人が逓減していくと言われている中高年の転職は依然厳しいものです。しかし、いつ会社が倒産して転職することになるかわからない状態であればあるほど、若いうちからその環境に備えておく必要があると言えます。

でも何をどうやって備えればよいのかお分かりでしょうか?

1.専門業務の経験とスキル
2.コミュニケーション能力
3.柔軟性と適応能力

答えは、上記の3つに大別できますので、いざという時が来る前に是非にともスキルを磨いておいていただきたい。
本当に、イザという時が来てからでは遅いのです、経験者からのアドバイスでした。
タグ

転職支援サービスを活用できない40代転職者は悲惨な件

ba6f061c15d2aa5fff21f0f8a57a7404_s.jpg

自分の人脈ネットワーク構築ができたら、民間の転職サイトや転職エージェントの活用も併せて行わなければなりません。人脈もあくまで「 いち手段 」として活用し、情報収集はなるべく広く深く行うことこそが、40代が転職に失敗して悲惨な目に合わないための第一歩です。

転職サイトも転職エージェントも、基本的に豊富な情報の選択肢を、求職者は無料で利用できることが大きな魅力です。ただし、そろぞれのサービスごとに対象世代や対象職種、雇用形態などの対象が限定されており、求職者側の転職支援よりも企業のための採用支援を基盤にしている事業者も多いという現実。

それらの背景を察することなく、多くの40代転職者が「 転職エージェントに拒否された 」「 人材紹介会社に門前払いされた 」と叫ぶ様は悲惨そのもの。もう少し考えて行動すればいいものを…

特に転職活動そのものに割ける時間が限られている場合は、各事業者のサービスの特徴を見極めて活用することを強くお勧めします。

民間サービスであるがゆえに、自分がそのサービスの対象に合致している場合は、新鮮な情報を豊富に、かつプロフェッショナルならではのサービスを受けることができます。逆に、自分が対象でない場合は、サービスそのものを受けれなかったり、自分にフィットした求人情報が少なかったりするデメリットが発生してしまいます。

職歴等の登録にそれ相応の時間がかかるので、自分がそのサービスにフィットしているかどうかを事前に各社のホームページで確認しておくのも忘れないでくださいね。
タグ
Copyright © 40代前半の転職で失敗する中高年は悲惨ですよ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。