FC2ブログ

40代の転職失敗の特徴のカテゴリ記事一覧

40代の転職が失敗し絶望する前に手に入れるべき情報を紹介。40代からの転職は正しい戦略と戦術を知らないと、転職活動期間が長引き、最悪の場合、貯金が底をつきアルバイトするハメになります。転職に失敗する方には典型的な特徴があります。キャリアアップやキャリアチェンジしようとする40代も必見です。

カテゴリ:40代の転職失敗の特徴

  • 2018/08/0340代の転職失敗の特徴

    40代が転職活動をするうえで、注目しなければならないポイントの一つが企業の成長ステージです。勘のいい方ならお分かりと思いますが、同じ業種、同じ職種やポジションであっても、どの成長ステージなのかによって、求められる人物像やスキルも違ってきます。ですから、それらを見極めたうえで自分の力を最大限に発揮しやすい成長ステージにある企業を選ぶようにすれば、割と転職活動が上手くいきます。企業が成長していく過程は大...

    記事を読む

  • 2018/08/0340代の転職失敗の特徴

    感がイイ方は既に気づいておられると思いますが、「 雇う側の立場 」と「 雇われる立場 」では視点が全くと言いていいほど異なります。40代が転職を検討する多くの理由が、人間関係と収入のアップだけです。人間関係や社風は、実際に入社してみないと分からないため、転職活動における着眼点は「 収入 」に集中してしまいます。雇われる立場からすると、この年収という考え方は雇用されている期間が長ければ長いほど自分の経...

    記事を読む

  • 2018/06/0140代の転職失敗の特徴

    転職という一大イベントは、一生のうちでもそうそう経験するものではありませんよね?40数年のサラリーマン人生の中で、せいぜい2回か3回が一般的な回数です。そのためどうしても転職における経験値が貯まらず、また情報が不足するため難航しがちです。その情報不足の主たるものが、需要と供給のバランスです。需要=求人数供給=転職者需要が多く、供給が少なければ、転職者が有利ですし、逆の場合は求人側が有利です。これを把握...

    記事を読む

  • 2018/02/1840代の転職失敗の特徴

    40代からの転職でコネを使う場合、注意しておかなければならない点があります。典型的な失敗パターンは決まっています。1.断れない紹介された会社が気に入らなかった場合も、断りにくい状況になってしまいます。紹介者が先走って相手の会社に話を通してしまった場合でしょうか?その方の顔を立てるために、不本意ながら入社せざるを得なくなった、どうすればいいのか?というケースは実際に起こっているのです。まずは事前に、ど...

    記事を読む

  • 2018/02/1540代の転職失敗の特徴

    こんな給料で一生やっていけなんて我慢できない!今よりもう少しあと少し年収を上げたい!!という思いは今も昔も、転職を考えるきっかけになる三大理由の一つではないでしょうか?しかし、実際に転職を実行した40代の転職者が、年収の増減がどう変化したのかはあまり知られていません。もちろん、前職年収額はひとそれぞれ大きく違うため、金額の変化と言う意味ではなく、ここでは増減率の変化だけに絞って説明しておきます。前提...

    記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

40代はベンチャーなどの創成期で活躍できるステージがあることを忘れてはならない

YOTAKAPAKU6774_TP_V.jpg
40代が転職活動をするうえで、注目しなければならないポイントの一つが企業の成長ステージです。

勘のいい方ならお分かりと思いますが、同じ業種、同じ職種やポジションであっても、どの成長ステージなのかによって、求められる人物像やスキルも違ってきます。

ですから、それらを見極めたうえで自分の力を最大限に発揮しやすい成長ステージにある企業を選ぶようにすれば、割と転職活動が上手くいきます。

企業が成長していく過程は大きく分けて、創成期 ・ 拡大期 ・ 安定期 ・ 衰退期の4つに分類できます。もちろんどの成長ステージにあるかによって、課題でありますとか、組織形態は異なってきます。

40代が転職先としてターゲットにすべきはやはり創成期だと私は考えています。

いわば会社の設立や開業から間もない時期にあたります。ビジネスモデルや開発力は持ってはいるものの、実行できる人材が足りていない状態であることがほとんどで、事業開発などを経験した中高年が求められる傾向にあります。

特に、経営陣に近いポジションで、社長や経営理念に賛同することができ、彼らと同じベクトルに向かって突き進んでいけるタイプの40代がマッチしています。

また、私のように、仕組みやルールを一から作り上げていった経験を持つ40代も、求められている人物像にマッチしています。

次にお勧めなのが、成長期に入った企業です。ある程度組織の基礎が固まり、成長というステージに挑戦する段階にあります。この段階では、マーケット拡大を担うマーケティング戦略の需要が高まる時期でもあります。

強大な競争相手との競り合いに勝利しなければ、シェアを獲得できないため、スピード感をもって突き進める中高年が求められる傾向にあります。

また創成期同様、組織を強化する段階でもあるため、経理や総務・人事、購買・調達・物流部門などのスペシャリストも必要とされるのです。もちろんIPOを目指す企業では、経験者が優遇されることを忘れてはなりません。

スポンサーサイト
タグ

40代は雇われる側の立場で考えると転職に失敗する

4ef0cd8229116e55edb2e803953fe3fd_s.jpg
感がイイ方は既に気づいておられると思いますが、「 雇う側の立場 」と「 雇われる立場 」では視点が全くと言いていいほど異なります。

40代が転職を検討する多くの理由が、人間関係と収入のアップだけです。人間関係や社風は、実際に入社してみないと分からないため、転職活動における着眼点は「 収入 」に集中してしまいます。

雇われる立場からすると、この年収という考え方は雇用されている期間が長ければ長いほど自分の経験にいくら出してくれるのかという結論に至ります。

一方で、雇う側の立場からすると、人材を雇用する最大の理由は、労働者の充足に他なりません。さらに言えば、労働者を充足させ自社の利益を拡大させることこそが、最大のミッションなのです。

もちろん、人材を直接的に雇用するという選択肢だけでなく、外部委託や派遣社員など幅広い選択肢があることを忘れてはなりません。

ですから、雇用という選択肢は、採用する側からすると先行投資的なリスクを背負うことになります。

それゆえに、採用側が40代以降の中高年を採用する場合には、この人材はいったいいくら稼いで、我が社に貢献してくれるのか?という投資的な観点になるので、その辺りを踏まえたうえで、企業にアプローチしなければ大概は失敗してしまいます。

雇われる側の視点
過去の実績を基準にして、自分にいくら出してくれるのか?

雇う側の視点
今後の成果予想を基準にして、いくらまでなら投資できる人材なのか?
先行投資的な考えに基づくので、非常にリスキー
タグ

40代は自分の市場価値を把握しないと転職で失敗する

65534ececaa32e3c1b0601766348b9c3_s.jpg

転職という一大イベントは、一生のうちでもそうそう経験するものではありませんよね?40数年のサラリーマン人生の中で、せいぜい2回か3回が一般的な回数です。

そのためどうしても転職における経験値が貯まらず、また情報が不足するため難航しがちです。

その情報不足の主たるものが、需要と供給のバランスです。

需要=求人数
供給=転職者

需要が多く、供給が少なければ、転職者が有利ですし、逆の場合は求人側が有利です。
これを把握しているかどうかで、転職の成果は大きく変わってきます。実際、起こり得るありがちなアンバランスは大きく2通りに分けることができます。

1.年齢による需要格差
残念なことに、30代と40代では、全く同じ給与同じ役職を求めても、求人企業から声がかかる確率は半分以下です。30代前半であれば、転職エージェントに自分の経験と今後のビジョンを伝えておけば、いくつか優良な企業を紹介してもらえたかもしれません。
ですが、35歳を過ぎると、「 自分を雇うことで、どれだけ利益貢献が図れるか 」ということをアピールしなければなりません。

企業の立場に立って、どういう人材が欲しいか考えつつ、自分が「 高度なスキルをもった中高年 」であることをアピールしてください。


2.職業による需要格差
職業の人気度というものは、時代が変わってもそうそう変わるものではありません。共通していることといえば、需要の絶対数が少なく、そのポジションに就きた40代の転職者が多いこと。

人気職種の場合、1件の求人に100人以上の応募者が殺到することも珍しくありません。

事務系は、総務・人事・経理・広報・商品企画など
営業系は、ルートセールスや代理店渉外
IT系は、社内SEが人気職種として君臨し続けています。

早期転職を目指すであれば、需要格差の少ない職種を目指すべきです。人気職種ばかり目指すのは危険ですから、第2第3の候補を考えておくのがよいでしょう。
タグ

40代はコネを使った転職の落とし穴を理解しよう

6f99c305157b30ad731346f0f46b1f9f_s.jpg

40代からの転職でコネを使う場合、注意しておかなければならない点があります。典型的な失敗パターンは決まっています。

1.断れない
紹介された会社が気に入らなかった場合も、断りにくい状況になってしまいます。紹介者が先走って相手の会社に話を通してしまった場合でしょうか?その方の顔を立てるために、不本意ながら入社せざるを得なくなった、どうすればいいのか?というケースは実際に起こっているのです。

まずは事前に、どのような順序で話を進めるのか、紹介者と事前に共有しておいてください。


2.契約書を交わしていなかった
友人や知人を通すと、安心感からか油断してしまいがちです、給与や待遇など、条件面をしっかりと確認せず、入社後に「 こんな話ではなかった、話が違う 」と揉めるケースありがちです。どんなに親しい友人であっても、労働条件を文章にした通知書を受け取って置くべきです。


3.紹介者から聞いた話と事実が異なる
「 うちの職場はこんなにいいことだらけ 」と言われて入社したところ、誘ってくれた友人とは所属が異なり、聞いていた話と全く違っていた、というケースも目立ちます。同じ会社であっても、部署によって方針や環境がことなるケースも少なからず存在します。

また、趣味を通して知り合った社長から「 うちに来てほしい 」と誘われて入社したものの、社内では社長への抵抗勢力が強まっていて、プロパー社員から村八分にされたということも実際に起きているのです。

以上のような状況に陥らないためにも、紹介者の甘い言葉を鵜呑みにせず、自分で応募先を調べ、他の社員とも話をさせてもらうなどの対策を取るべきです。コネや人脈はあくまで「 手段のひとつ 」として活用し、情報取集はなるべく広く行うことを強くお勧めしておきます。
タグ

40代が転職で年収が下がるというのは事実なのか?

27af6729bd9360e715c414767909d5b7_s.jpg

こんな給料で一生やっていけなんて我慢できない!今よりもう少しあと少し年収を上げたい!!という思いは今も昔も、転職を考えるきっかけになる三大理由の一つではないでしょうか?


しかし、実際に転職を実行した40代の転職者が、年収の増減がどう変化したのかはあまり知られていません。もちろん、前職年収額はひとそれぞれ大きく違うため、金額の変化と言う意味ではなく、ここでは増減率の変化だけに絞って説明しておきます。


前提として、全ての年代を総合した転職前後の年収増減率は、おおまかに言うと

増加4割 ・ 減少4割 ・ 変化なし2割 です。
転職理由に、人間関係や会社の経営不安などが多いため、例え年収が減少しても納得度の高い転職をしている40代が多いのも確かな事実です。


35歳まで 増加5割 ・ 減少3割 ・ 変化なし2割
35歳から 増加3割 ・ 減少5割 ・ 変化なし2割



この割合を年代別に見た場合、35歳を過ぎてからの転職に絞ってみると、35歳以下の世代に比べて転職後に年収が上がる人の割合がやや少なくなっています。この数字だけを見ると、やはり若い世代のほうが転職による年収アップは実現させやすいことが理解できます。


ただし、この数字は転職初年度の変化で合って、40代以上の方であっても転職2年目以降の年収がぜ、前職と比べて
増加4割 ・ 減少4割 ・ 変化なし2割
と大きく巻き返していることがうかがい知れます。


「 転職初年度においてはお互いの期待値調整のために、やや低めの年収で入社し、受け入れ企業に実力が評価され2年目以降に修正していく 」というパターンが多いのです。
タグ
Copyright © 40代前半の転職で失敗する中高年は悲惨ですよ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。