FC2ブログ

40代からの転職が失敗して絶望する人の特徴

40代の転職が失敗し絶望する前に手に入れるべき情報を紹介。40代からの転職は正しい戦略と戦術を知らないと、転職活動期間が長引き、最悪の場合、貯金が底をつきアルバイトするハメになります。転職に失敗する方には典型的な特徴があります。キャリアアップやキャリアチェンジしようとする40代も必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

40代からの転職が失敗して絶望する人の特徴

絶望


兵庫県で転職支援をしている斉藤です。


転職を準備している皆さんは、退職する前に「 悲観シナリオ 」の想定を行っていますか?


最悪の場合を想定していないと悲惨ですよ?


私は、自分自身の40代から再就職の経験を活かし、有料の転職支援を行っていますが
本当に多くの方が面談に訪れた時点で

「 私ほどの実力があるなら転職活動なんて余裕と思っていた 」 と既に退職してしまっている方や

「 上司と折り合いが合わなかったため 」 既に退職の申出をしてしまった

という状況にある方が非常に多いのです。
これは40代からの転職活動が失敗してしまう人の特徴なのです。

転職活動は、一生のうちにそうそう何度も経験できるものではないので、どうしても相場観がつかみにくく
実際の転職マーケットでは30代、40代、50代と10年刻みで転職成功率が激減している実態があります。

これから転職を考えようとしている方、または近いうちに転職を考える可能性がある方は
是非にともこの事実を念頭に置いていただきたいと考えています。

転職成功率が下がることはもちろんのこと、「 不採用になる確率 」にも直結していることを忘れないでください。

具体的に説明しますと、


40代からの転職者がどんなに能力や実力があろうと


何社応募しても書類選考すら通過しない


面接に行っても30代に応募者に負けてしまう


ということが頻繁に起こり得るということなのです。


また、転職活動がうまく進まないまま活動期間が長引いていくと、だいたいの場合
転職活動を始める前にはまったく想定していなかった介護業界や介護職、年収を受け入れざるを得ない事態に陥るのです。
スポンサーサイト
タグ

トラックバック 0

Copyright © 40代前半の転職で失敗する中高年は悲惨ですよ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。