FC2ブログ

40代からの転職において「 攻略本 」に書かれない転職市場の不都合な真実とは?

40代の転職が失敗し絶望する前に手に入れるべき情報を紹介。40代からの転職は正しい戦略と戦術を知らないと、転職活動期間が長引き、最悪の場合、貯金が底をつきアルバイトするハメになります。転職に失敗する方には典型的な特徴があります。キャリアアップやキャリアチェンジしようとする40代も必見です。

  • ホーム
  • »
  • »
  • 40代の転職攻略
  • »
  • 40代からの転職において「 攻略本 」に書かれない転職市場の不都合な真実とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

40代からの転職において「 攻略本 」に書かれない転職市場の不都合な真実とは?

3c8d147312ada2a220e1a3f1dca17127_s.jpg


30歳、35歳、40歳、45歳。


転職市場には、ほぼ5年ごとに潮目の変化が存在します。


特に35歳は大きな節目で、転職することで年収が上昇する割合が顕著に低下し始めるのです。
この転職市場の潮目の変化は、景気はもちろんのこと、業界や専門領域により微妙に違ってくることもあり
意外な盲点になりがちなのです。


それでは、なぜたった5年で市場価値が激減するのでしょうか?


リマーン・ショック以降の時期において、20代後半から30代前半で転職した経験がある人であれば
転職市場での自分の価値が、予想よりも高かったと感じた人が多いのではないでしょうか?


5年前、34歳で初めて転職活動に踏み切ったKさんは「 自分は世の中からこんなにも必要とされているのか? 」
と感じたとおっしゃられていました。


ただこのKさんが、現在の勤め先の業績悪化に伴い、今年から転職活動を再開されたそうなのですが
中途採用市場は当時よりさらに活発化していて、Kさん自身のキャリアもミドルマネジメントとして
磨きがかかってきていたにも関わらず、5年前とはまったく違う状況にショックを受ける事態に陥られています。


5年前には10社応募すれば半数は面接に進めていたそうなのですが、今回は書類選考すら難しく
結局50社以上応募して面接に進めたのが、たったの3社、しかもいずれの場合においても内定を勝ち取ることが
できなかったのです。


40代の転職活動においては、この事実をしっかりと認識したうえで転職活動に臨まなければなりません。
スポンサーサイト
タグ

トラックバック 0

Copyright © 40代前半の転職で失敗する中高年は悲惨ですよ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。