絶望

40代からの中高年世代は、役職定年や降格を含む、自分が望まない人事異動や納得できない人事考課など
ある日突然
「 自分はこれだけの成果を出してきたのに、なぜ会社は私を正当に評価してくれないのか? 」
という瞬間がやってきます。


何度が自分自身納得しようとしても、どしても自己評価とのズレか解消できなくなってしまった瞬間
押さえようのない怒りが爆発して会社を去る決断( 転職活動 )に火をつけてしまう典型的なケースです。


会社側と自分自身の評価のズレは、何度も何度も経験して、その度に押し殺してきたはずなのに
心の限界点を突破した瞬間に抑えきれなくなり、転職活動という行動が始まるのです。


会社側からすると、個人の能力などの評価以外に、若手の登用による組織の活性化や
幹部候補生の選別や適材適所の人員配置など、組織強化のために様々な判断をしなければ
ならないという事情もあるため、この評価のズレは収めようがなく、引き留め行動もないままに
退職が静かに決定してしまうのです。


私も40代においてリストラ勧告を受け退職したての頃は
「 こうなったのは経営陣のせいだ!社名に従って様々なプロジェクトを成功させてきたのに、何だこの仕打ちは!! 」
という強い恨みをいだいたものです。


本当に、40代においてリストラされたような体験をした者でしか味わえないこの感情、恨み節を言いたくなる気持ちは十分に理解できますし
「 いつかあの会社に仕返ししてやる!! 」
というような気持が先行してしまうことも理解できますが、そのような気持ちで転職活動をしてしまうと
転職先の状態や、数年後のビジョンを描かないまま、半ば腹いせ的に同業他社だけを検討先にするなど
転職先選びの段階で目が曇ってしまいます!


40代からの転職活動は、あくまでも自分自身が生き生きと働ける次のキャリアを見つけるためのものであるため
それを目的に進めないと、いい転職が実現できる可能性は限りなく低くなります。


40代において、いざ退職すると決めた以上(リストラなどにより不可抗力でそうなってしまった方も)は、自分自身と向き合い、あと数十年自分が気持ちよく働ける職場を探すことだけを目的として活動していってほしいと願っています。
スポンサーサイト
タグ