成功失敗try


40代からの転職・中途採用選考で、書類選考を高い評価でクリアできるにもかかわらず、面接で不採用になるケースはよくあることではないでしょうか?

その主な理由には

「 社風が合わない 」
「 企業が目指すベクトルと本人のベクトルが一致しない 」
「 給与などの条件面が折り合わない 」

などが挙げられますが、中には応募者にとって思いがけない理由で不採用の判断が下されることもあるのです。


本人が意識しないうちに失敗する「 不採用 」のパターンとして

「 自己アピールが裏目に出る 」

ということがあります。


面接では

「 こんな経験を積みました 」
「 こんなスキルを身に着けました 」 

など40代からの転職者は自分のキャリアや能力を最大限アピールしようとしがちなのです。


面接での自己PRで、過去の経験や実績を語ることに集中するあまり


「 なぜこの会社に入りたいのか? 」
「 この会社で何がしたいのか? 」
「 この会社で働くことで自分はどのように成長したいのか? 」

という目的意識が抜け落ちている人が意外と多いのです。


採用側としても、もちろんこれまでの経験を生かしてほしいものの、成長意欲があり伸びしろを感じさせてくる人を
求めています。


実際に選考現場で


「 即戦力となる経験を持つ人 」
「 経験が浅いが向上心が高い人 」
とが比較され、後者が選ばれることがよくあるのです。


過去実績という経験値だけでなく、今後のビジョンを語れるようにしておくことが大切ではないでしょうか?


その一方で40代からの転職活動において優れた実績と能力をアピールしすぎると、企業側にかえって不安を抱かせてしまい失敗に終わることも多いのです。
スポンサーサイト
タグ