58dd8f8491600c04c8b07cc55967da15_s.jpg


40代からの転職活動において自己信頼やプライドを持っておくことは、精神的に余裕をもって働くために
不可欠です。ただし、その自身の根拠が、業務上の業績や経歴、年収などの「 過去のもの 」に偏りすぎると
周囲とのかみ合わせがうまくいかなくなる傾向があるのです。


大変な努力をして難関大学を卒業したことや、激しい競争を勝ち抜いて有名な企業に入社したこと
高い壁を乗り越えて仕事で成果を生み出したこと、実績が社内で評価されて重要なポストを任されたこと
それに連動するかのように収入が増えていった事実。


どれも日々の努力が実を結んだ、大切な成功体験であることは間違いない事実なのです。
またこれらの成功体験によって自己信頼やプライドを積み上げてきた歴史も、本当に胸を張って誇れるものだと考えます。


「 私は前職でこんな実績を残してきた 」
「 あのプロジェクトを成功させられたのは、私がたゆまぬ努力をしたからだ! 」
「 重要なポストをまかされて好待遇を受けてきた 」


転職先の業界が前職と近いとか、前職より規模が小さい会社に移った場合は、それらの勲章も光り輝いて見える
かのような傾向があるのですが、過去の成功体験を語りすぎると


「 昔の栄光を振りかざして、ただ威張っているだけの人 」
というイメージが周囲に広まり、煙たがられる存在になってしまうのがオチです。


「 過去の成功体験をよりどころにしている過去の人 」と思われてしまい
周囲の期待値を大幅に下げて転職が失敗に終わる一因となってしまうからなのです。


逆に、40代からの転職において、過去の成功を胸に秘めながらも、そこからノウハウを抽出し、目の前にある課題を解決する方法論を編み出せる人は、周囲の期待値を高めやすくなるといえるでしょう。
スポンサーサイト
タグ