e31af1f6ba2d0b2244722a4b320d07d6_s.jpg


自分自身のキャリアや市場価値を高めて続けていくためには、能動的な選択をする必要があります。
40代からの中高年の皆様は、会社から与えられたミッションや機会を能動的に待っているだけでは不十分だということです。

しかしキャリア形成には一定の時間がかかるものなので、自分自身でキャリアをコントロールするための大きな選択は
そうしょっちゅうできるものでもありません。


特に長い社会人生活をひとつの会社で経験を積み上げてきた場合など、知らない間に受動的に会社の方針を
飲み込んでしまう習慣が身について、慎重になりすぎてしまう方もいらっしゃいます。


そういう40代は事業不振やそれをきっかけとした合併や買収などでリストラが始まってから
難しい再就職活動を強いられることになりがちなのです。


逆に、機が熟していないにも関わらず早すぎる決断をしてしまい、気が付くと転職回数や無駄に増えてしまい
後悔する中高年もたくさんいらっしゃるのが現実です。


転職市場ではそうの両極端なケースが多く、それだけタイミングよく意思決定することの難しさを表していると考えています。


40代からの転職市場において、自分の市場価値を継続的に高めていくためには、経済環境の変化や人との縁などのタイミングを読みながら人生で数少ない意思決定のカードを切って、最良な道を選んでいくための決断力は不可欠です。

転職に失敗して絶望しないためには、社内だけでなく、社外の友人との付き合いや日頃の情報収集はそういった局面で必ず役に立つはずなのです。
スポンサーサイト
タグ