e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s.jpg

40代からの転職活動においては、特に就業しながらの場合、活動できる時間が非常に限定されてしまいます。


仕事が終わってまっすぐ家に帰ったとしても、寝るまでの数時間をいかに使えるかどうか?という方がほとんどではないのでしょうか?

また、それだけ自由な時間が減るため、半年以上も継続していると疲れて諦めがちになってしまうという側面も持ち合わせています。

また、求人情報は川の流れのように日々現れては消える情報なので、絶えず新しく発生したり、採用が決まって
既に募集が終了してしまっていたり、を繰り返しているのです。


自分が活動できる期間内に自分に合う仕事を見つけるためには、相応の活動量が非常に重要な要素になっています。


こと40代からの転職が失敗して絶望する求職者の多くが、相応の活動量をこなさずに途中で諦めて行っているというのが現実です。ある者は仕方なしにアルバイト人生に突入したり、ある者はアルバイトさえ決めることができず貧困という現実に突入していく…


そして、その人にとって100点満点ぐらい相性が良い仕事が、転職活動を始めた前日に締め切られてしまったなどということが
現実問題として無数に起こっているのです。

とある求人が気になって「 お気に入り 」としてブックマークしておきながら、他にもいい会社があるかもしれない。
もう少し求人情報を収集してから検討していこう!とおもって数日経つと、その時にはすでに求人は終了していた
というようなケースは本当によく聞く話です。

業界や職種など、40代からの転職・中途採用市場の増減や特徴によって大きく異なってきますが、求人1件辺り平均約30~50人の応募がある、つまり自分以外に29人~49人のライバルがいると考えなければなりません。


応募したら必ず書類選考に通過するわけではない


ということを肝に銘じておかなければなりません。


40代からの転職活動において、応募可能な求人は貴重です。そんな状況下でお気に入りしてわざわざ時間を経過させるくらいなら、まずは応募して少なくともエントリーしておいたほうが間違いなく得策です。


40代からの転職活動においては、少し言い方が乱暴かもしれませんが

「 比較検討してから応募する 」のではなく「 気になったらまずは応募して、書類選考通過後、内定後に吟味する 」スタイルが最適だと私は考えています。

40代からの中高年にとって、仕事選びは自分の人生にとって、収入面だけではなく、精神面に対しても本当に大切なものなのです。ゆえに、貴重なチャンスを見逃すことのないように慎重に考えるように心がけてください。 
スポンサーサイト
タグ