354ac30e90faf31d6bc152b5a0a85caf_s.jpg

40代からの中高年に行った転職理由アンケートがあるのですが、実際に転職支援をする上でお会いする方々からお話を聞いてみると、アンケートの回答は異なった現実やニュアンスを直接感じることが多いのです。


転職活動という行為そのものが、個人にとって極めてプライベートな色合いが強いイベントであるために、マスマーケティング的な手法で抽象度高く回答を集計してしまうと、個別の背景事情をつかめなくなるからだと私は考えています。


こと「 何故転職する必要があるのか? 」という理由は


「 できるだけポジティブに考えておいたほうが、転職が円滑に進むだろう 」というバイアスがかかり
どうしても表層的な回答が上位になりやすいという側面もあるのです。


しかしながら、その裏に隠されている一人ひとり異なる転職理由が、実はその後のキャリアく構成や仕事人生の満足度
に大きな影響を及ぼすのです。


40代からの中高年の転職理由は大きく分けて3つのタイプに大別できます

1.卒業型
  送り出す会社側に惜しまれつつも、しっかりと折り合いをつけて時間をかけて十分な引継ぎ期間をもうけているなど円満退職なパターンです。

2.脱藩型
  会社のリストラに嫌気がさして、退職して新たな会社を立ち上げることにしたというような経営戦略への齟齬や理念など事業の違和感がきっかけとなって会社と決別するパターンです。

3.逃亡型
  あまりに過酷な労働条件で心身ともに疲れ果てたといった会社事情に起因する転職理由です。
  残念ながら、40代からの転職市場において、もっとも出現率が多いのがこのパターンで、中堅社員以上のベテラン層になればなるほど多くなる傾向も持ち合わせています。常態化した長時間残業やパワハラの横行、もの申せぬ企業風土など、心身に異常をきたすような環境から、一刻も早く自己防衛として退職すべき事例もあれば


後から思い返すと、自分の辛抱が足りなかった。当時の上司に言われてきたことは今思い返せば全て自分を思いやってのことだった


と後悔するような早すぎる逃亡型も混在しているのです。
スポンサーサイト
タグ