FC2ブログ

40代が転職で年収が下がるというのは事実なのか?

40代の転職が失敗し絶望する前に手に入れるべき情報を紹介。40代からの転職は正しい戦略と戦術を知らないと、転職活動期間が長引き、最悪の場合、貯金が底をつきアルバイトするハメになります。転職に失敗する方には典型的な特徴があります。キャリアアップやキャリアチェンジしようとする40代も必見です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ

40代が転職で年収が下がるというのは事実なのか?

27af6729bd9360e715c414767909d5b7_s.jpg

こんな給料で一生やっていけなんて我慢できない!今よりもう少しあと少し年収を上げたい!!という思いは今も昔も、転職を考えるきっかけになる三大理由の一つではないでしょうか?


しかし、実際に転職を実行した40代の転職者が、年収の増減がどう変化したのかはあまり知られていません。もちろん、前職年収額はひとそれぞれ大きく違うため、金額の変化と言う意味ではなく、ここでは増減率の変化だけに絞って説明しておきます。


前提として、全ての年代を総合した転職前後の年収増減率は、おおまかに言うと

増加4割 ・ 減少4割 ・ 変化なし2割 です。
転職理由に、人間関係や会社の経営不安などが多いため、例え年収が減少しても納得度の高い転職をしている40代が多いのも確かな事実です。


35歳まで 増加5割 ・ 減少3割 ・ 変化なし2割
35歳から 増加3割 ・ 減少5割 ・ 変化なし2割



この割合を年代別に見た場合、35歳を過ぎてからの転職に絞ってみると、35歳以下の世代に比べて転職後に年収が上がる人の割合がやや少なくなっています。この数字だけを見ると、やはり若い世代のほうが転職による年収アップは実現させやすいことが理解できます。


ただし、この数字は転職初年度の変化で合って、40代以上の方であっても転職2年目以降の年収がぜ、前職と比べて
増加4割 ・ 減少4割 ・ 変化なし2割
と大きく巻き返していることがうかがい知れます。


「 転職初年度においてはお互いの期待値調整のために、やや低めの年収で入社し、受け入れ企業に実力が評価され2年目以降に修正していく 」というパターンが多いのです。
スポンサーサイト
タグ

トラックバック 0

Copyright © 40代前半の転職で失敗する中高年は悲惨ですよ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。