65534ececaa32e3c1b0601766348b9c3_s.jpg

転職という一大イベントは、一生のうちでもそうそう経験するものではありませんよね?40数年のサラリーマン人生の中で、せいぜい2回か3回が一般的な回数です。

そのためどうしても転職における経験値が貯まらず、また情報が不足するため難航しがちです。

その情報不足の主たるものが、需要と供給のバランスです。

需要=求人数
供給=転職者

需要が多く、供給が少なければ、転職者が有利ですし、逆の場合は求人側が有利です。
これを把握しているかどうかで、転職の成果は大きく変わってきます。実際、起こり得るありがちなアンバランスは大きく2通りに分けることができます。

1.年齢による需要格差
残念なことに、30代と40代では、全く同じ給与同じ役職を求めても、求人企業から声がかかる確率は半分以下です。30代前半であれば、転職エージェントに自分の経験と今後のビジョンを伝えておけば、いくつか優良な企業を紹介してもらえたかもしれません。
ですが、35歳を過ぎると、「 自分を雇うことで、どれだけ利益貢献が図れるか 」ということをアピールしなければなりません。

企業の立場に立って、どういう人材が欲しいか考えつつ、自分が「 高度なスキルをもった中高年 」であることをアピールしてください。


2.職業による需要格差
職業の人気度というものは、時代が変わってもそうそう変わるものではありません。共通していることといえば、需要の絶対数が少なく、そのポジションに就きた40代の転職者が多いこと。

人気職種の場合、1件の求人に100人以上の応募者が殺到することも珍しくありません。

事務系は、総務・人事・経理・広報・商品企画など
営業系は、ルートセールスや代理店渉外
IT系は、社内SEが人気職種として君臨し続けています。

早期転職を目指すであれば、需要格差の少ない職種を目指すべきです。人気職種ばかり目指すのは危険ですから、第2第3の候補を考えておくのがよいでしょう。
スポンサーサイト
タグ