絶望


兵庫県で転職支援をしている斉藤です。


40歳以上の中高年が転職する場合、大会社から中小企業、またはベンチャー企業へと
企業規模をまたぐ移動が行われています。


ただ残念なことながら


「 こんなはずじゃなかった 」


と転職を後悔されるケースも毎年何件も発生しています。


いつか来るかもしれない転職という人生の重大イベントに備えて
頭の隅に留めていただければと思います。


大会社を退職する前は、やや過剰気味に自信を持っていた人が
40代からの転職が失敗して絶望した後に、逆ブレして必要以上の自信喪失に陥るパターンがあります。


同様の価値観を持つ集団の中で、自分の市場価値の位置や
仕事の進め方についての常識が安定していた時間が長ければ長いほど
想定外のことだらけの転職活動が続くと、混乱してしまい精神に狂いが生じる可能性が高いのです。


それは大会社がもっていた防壁の堅牢さや、そこに長い時間滞在した時間から考えると
誰にでも起こり得るリスクでもあるのです。


挫折感を感じることがあったとしても、必要以上に自分を責めたり自信喪失したりしてしまうと
意思決定の基準がぶれてしまい、連鎖して別の失敗を招いてしまう危険性さえもあるのです。


内定が決定して、企業規模の違いによるギャップを感じてしまうことになった場合は
ぜひ冷静にそのギャップや原因を分析し、次に訪れる前向きな前進に役立てて欲しいものです。


優秀な人材が多いゆえに、同世代競争にも競り勝ってきて、絶えず重大な責任にさらられてきたことが
大会社で働いてきたが持っているタフさなのです。
スポンサーサイト
タグ