4ef0cd8229116e55edb2e803953fe3fd_s.jpg
感がイイ方は既に気づいておられると思いますが、「 雇う側の立場 」と「 雇われる立場 」では視点が全くと言いていいほど異なります。

40代が転職を検討する多くの理由が、人間関係と収入のアップだけです。人間関係や社風は、実際に入社してみないと分からないため、転職活動における着眼点は「 収入 」に集中してしまいます。

雇われる立場からすると、この年収という考え方は雇用されている期間が長ければ長いほど自分の経験にいくら出してくれるのかという結論に至ります。

一方で、雇う側の立場からすると、人材を雇用する最大の理由は、労働者の充足に他なりません。さらに言えば、労働者を充足させ自社の利益を拡大させることこそが、最大のミッションなのです。

もちろん、人材を直接的に雇用するという選択肢だけでなく、外部委託や派遣社員など幅広い選択肢があることを忘れてはなりません。

ですから、雇用という選択肢は、採用する側からすると先行投資的なリスクを背負うことになります。

それゆえに、採用側が40代以降の中高年を採用する場合には、この人材はいったいいくら稼いで、我が社に貢献してくれるのか?という投資的な観点になるので、その辺りを踏まえたうえで、企業にアプローチしなければ大概は失敗してしまいます。

雇われる側の視点
過去の実績を基準にして、自分にいくら出してくれるのか?

雇う側の視点
今後の成果予想を基準にして、いくらまでなら投資できる人材なのか?
先行投資的な考えに基づくので、非常にリスキー
スポンサーサイト
タグ