YOTAKAPAKU6774_TP_V.jpg
40代が転職活動をするうえで、注目しなければならないポイントの一つが企業の成長ステージです。

勘のいい方ならお分かりと思いますが、同じ業種、同じ職種やポジションであっても、どの成長ステージなのかによって、求められる人物像やスキルも違ってきます。

ですから、それらを見極めたうえで自分の力を最大限に発揮しやすい成長ステージにある企業を選ぶようにすれば、割と転職活動が上手くいってしまいます。

企業が成長していく過程は大きく分けて、創成期 ・ 拡大期 ・ 安定期 ・ 衰退期の4つに分類できます。もちろんどの成長ステージにあるかによって、課題でありますとか、組織形態は異なってきます。

40代が転職先としてターゲットにすべきはやはり創成期だと私は考えています。

いわば会社の設立や開業から間もない時期にあたります。ビジネスモデルや開発力は持ってはいるものの、実行できる人材が足りていない状態であることがほとんどで、事業開発などを経験した中高年が求められる傾向にあります。

特に、経営陣に近いポジションで、社長や経営理念に賛同することができ、彼らと同じベクトルに向かって突き進んでいけるタイプの40代がマッチしています。

また、私のように、仕組みやルールを一から作り上げていった経験を持つ40代も、求められている人物像にマッチしています。

次にお勧めなのが、成長期に入った企業です。ある程度組織の基礎が固まり、成長というステージに挑戦する段階にあります。この段階では、マーケット拡大を担うマーケティング戦略の需要が高まる時期でもあります。

強大な競争相手との競り合いに勝利しなければ、シェアを獲得できないため、スピード感をもって突き進める中高年が求められる傾向にあります。

また創成期同様、組織を強化する段階でもあるため、経理や総務・人事、購買・調達・物流部門などのスペシャリストも必要とされるのです。もちろんIPOを目指す企業では、経験者が優遇されることを忘れてはなりません。

スポンサーサイト
タグ